HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

国分寺・本多農園さん訪問記:2017.6月

 

良く晴れた梅雨の半ば。 昨年からご縁頂いている、国分寺で自然農、自然栽培に挑戦する本多農園さんを訪問させて頂きました。

 

元は植木屋さんを先代からやっていらっしゃった本多さん。一部農作物を植えるようになられ、植木屋さんの難しさや、また作物を作りたいという思いから畑作農家ヘ移行、7年前から始められたそうです。 そんな中、思われることがあり、自然栽培へ徐々に移行され、本格的には今年で3年目。

 

わたしたちが訪問させて頂くのは昨秋に続き2回目。秋の入口の畑の表情とはまた異なり、初夏の夏野菜たちが力強く育っていました。

 

いつもの街の風景にすっかり溶け込む自然栽培の畑。それがまた素敵。

 

本多さんは農薬や肥料を使わない農法で野菜を栽培されています。「自然農」や「自然農法」など、言い方・解釈は様々ありますが、 肥料については、一昨年までは油かすなども入れていたが、今は何も入れずにチャレンジされているそうです。

 

蒔いている種は、昨年までは市販のF1種もあったが、今年から基本全て在来種・固定種を選択。 同時に、地元の苗屋さんから購入したものも少量植え、比較したり、チャレンジが多い畑と向き合う中、うまくいかないことの日常を乗り切っていらっしゃいます。

 

 

栽培されていた作物は、大豆、赤米、トマト、ナス、ピーマン、サヤインゲン、じゃがいも、ニンニク、らっきょう、アスパラガス、レタス、サニーレタス、大根、小カブなどなど。少量ずつ様々な種類が植えられていました。

 

例えば、トマトは8種類。昨年から肥料も入れずに栽培を始めたら、虫がぐっと減ったそう。 トマトにはバジル・ニラのコンパニオンプランツ。トマトは水を吸いすぎると割れが多くなるがバジルが水を吸ってくれ、実際われが少ないと実感。またバジルはトマトの風味を良くするとも。

 

畑を紹介させて頂きながら、味見、試食!濃厚でワイルドな味に、いのちの力強さを感じます。
 

 

 

「国分寺で育てていこう!」と呼びかけのある赤米もありました!陸稲で。今年は育苗してから定植されたそうで、元気に育っていました。

 

 

 

少しずつ丁寧に、静かに紹介して下さる本多さん。 根を育てることや、本来の土の力を取り戻すこと。 観察し、挑戦し、委ね、そして待つ。 それはちょっと子育てに似ていて、「いのちが育つお手伝い」、的スタンス。 (イタリアの教育学者モンテッソーリの言葉) またお話の中で、ネットで購入しましたとか、本からの受け売りですが…とか、全部種明かしして下さる正直さや謙虚さに、逆に恐縮してしまいました。

 

 

本多農園さんは、カフェスローから徒歩圏内。国分寺の素敵な農家さんとまた出会え、目指している方向がゆるやかに重なる部分が多いと感じる方とのつながり。 地域から世の中が想像するような景色に変わっていくことの心強さを、またふんわりと実感した訪問でした。

 

本多農園の夏大根は、お食事のシーズナルメニュー「車麩カツの梅おろし丼」でお出ししています。こちら

 

勉強熱心な本多さん始め、カフェスローでつながる様々な作り手の皆さんは、私たちにとって、迷ったとき、立ち止まったとき、常に道しるべの役割を果たしてくださっています。私たちも皆さんにとってそんな役割でいられるよう、日々、自分たち自身をアップデートしていきたいと改めて感じた訪問でした。

 

本多さん、ありがとうございました!

 

 

***

本多さんの作るお野菜は、火木土で、湧き水を過ぎ、おたカフェへ行く道沿いの途中にある直売所で、販売されています。朝の散歩の方に間に合うように、朝7時ごろまでになるべくだされているとか。あの力強い味を、是非!

 

***

(おまけ)

 

帰り道に立ち寄ったご近所のコロッケ屋「丸愛」さんのご主人が、お芋のおいっしいコロッケの説明ととともに、本多さんのことを地元ということでよくご存知で、「無農薬でいろいろがんばってるよ〜」と教えてくださる場面がありました。壁に貼ってあったJRのポスターに、同じくご近所・めぐるみカフェオーナーの高浜一家とともに本多さんが写っていらっしゃって、一同改めてびっくり笑 ますます国分寺にぽかぽかします。

 

( Y )

 

 


今週のスロープレート:6/20(火)〜

 

 

 

夏至を迎えた今週。みなさま、いかがお過ごしですか?

梅雨前線が活発な日もありますが、カフェスローには初夏の野菜たちも登場しはじめ、看板メニューのスロープレートもにぎやかです。

 

雑穀のモチキビをチヂミにして酢じょうゆでさっぱりと。切干大根は旬のきゅうり、人参と一緒に黒ゴマでナムルにしました。見た目にもはっとさせられる一品です。じゃがいもとピーマンは、かりっとした歯ごたえのカシューナッツと一緒にスパイスであげました。スープはお野菜たっぷり、やさしいトマトベースのミネストローネです。

 

心と身体の調子をととのえて、7月を迎えたいですね。

今週もすこやかにお過ごしください。

 

 

◎スロープレートメニュー:   

・モチキビチヂミ〜酢じょうゆ添え

 

・カリフラワーとエリンギのバジルマリネ

 

・切干大根とキュウリ、人参の黒ごまナムル

 

・じゃがいもとピーマン、カシューナッツのサブジ

 

・フレッシュサラダ 〜フレンチドレッシング


・山形県新庄市さわのはな玄米 〜かぶの葉の佃煮


・ミネストローネ


・・・・・


メニューは変更、売切れになることがあります。予めご了承ください。 

フードグランドメニュー  
ドリンクグランドメニュー 


今月の営業日カレンダー

・カフェのラストオーダーは閉店30分前です。
・イベントなどの詳しいスケジュールはこちら

・掲載内容は随時更新されます。(6/22更新)

 

カフェ営業 イベント・パーティー
6月21日 11:00〜18:00 -
6月22日 11:00〜18:00 -
6月23日 11:00〜18:00 -
6月24日 11:00〜15:00 イベント18:30〜20:30
6月25日 11:00〜19:00 -
6月26日 定休日 -
6月27日 11:00〜18:00 イベント19:00〜20:30
6月28日 11:00〜18:00 -
6月29日 11:00〜18:00 -
6月30日 11:00〜18:00 -
7月1日 11:00〜15:00 イベント18:30〜20:30
7月2日 11:00〜19:00 -
7月3日 定休日 -
7月4日 11:00〜18:00 -
7月5日 11:00〜18:00 -
7月6日 11:00〜15:30 スタッフ研修のため
7月7日 11:00〜18:00 -
7月8日 11:00〜15:00 イベント18:30〜20:30
7月9日 11:00〜19:00 -
7月10日 定休日 -
7月11日 11:00〜18:00 -
7月12日 11:00〜18:00 -
7月13日 11:00〜18:00 -
7月14日 11:00〜18:00 -
7月15日 11:00〜15:00 イベント18:30〜20:30
7月16日 11:00〜19:00 -
7月17日 11:00〜19:00 -
7月18日 定休日 -
7月19日 11:00〜18:00 -
7月20日 11:00〜18:00 -
7月21日 11:00〜18:00 ミニコンサート15:00〜17:00
7月22日 11:00〜15:00 イベント18:30〜20:30
7月23日 11:00〜19:00 -
7月24日 定休日 -
7月25日 11:00〜18:00 -
7月26日 11:00〜18:00 -
7月27日 11:00〜18:00 -
7月28日 11:00〜18:00 -
7月29日 11:00〜19:00 -
7月30日 11:00〜19:00 -
7月31日 定休日 -

※印のある日:カフェ営業時間が通常と異なりますのでご注意ください。


 

[ 基本情報 ]


■ カフェ営業時間
11:00-18:00 火水木金 ※6月より11時開店となりました!
11:00-19:00 土日祝 ※土のみ、イベント開催時は15:00閉店
定休日:月 ※祝日の場合は火曜振替

■ アクセス
国分寺駅南口から徒歩5分 詳しい行き方
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10
TEL : 042-401-8505 mail : cafeslow@h4.dion.ne.jp

■ 店内情報<カフェ営業時>
・店内約60席/テラス席(ペット同伴可)約8席
・駐車場:4台 満車の場合は、コインパーキング等をご利用下さい。
・敷地内禁煙
・バリアフリートイレ有

■ お子様
・子どもイス 3脚
・ベビーカゴ 1台
・オムツ替えのできる簡易台設置のトイレあり。
・授乳室はありません。

■ お席のご予約
・11:00〜12:00のご入店のみ、お電話にてご予約を承っております。

(12:00以降のご入店は予約を承っておりません。ご了承ください。)
・ランチタイム(11:00〜15:00)前後の繁忙時間はお電話が繋がらない場合があります。ご了承ください。
 


車麩カツの梅おろし丼:2017年6月新メニュー

 

梅雨。湿度高く、気圧の変化が激しいかったり日々、いかがお過ごしですか。

さっぱりと、しゃきしゃきと召し上がって頂けるメニューをご用意しました。

 

カラッと揚げた人気の車麩カツ。

カフェスローでのカツの衣は小麦粉、お水、パン粉、のみ。

車麩を揚げる時は、車麩に含まれている煮汁を包み込むように、水溶き粉は粘着性を高く調整して、一つひとつ包み込むようにつけていきます。そうすると… 揚げているとき車麩が弾けず、カリッ!と同時にジューシーに◎

 

梅おろしのソースは…

千葉県匝瑳市で1300年続く農家さん「みやもと山」さんの昔ながらの梅干しとおしゃべり味噌。カフェスローが長らく愛用する定番の素材です。(この時季の梅干しと味噌はまさに食べるお薬!ぐらいスタッフYは思います。)

 

おろしの大根は、国分寺で自然農にチャレンジしている本多農園さんの夏大根!

昨年からご縁頂き、何度か畑にもお邪魔している本多さん。今年から力強いお野菜を少しずつ届けて頂いています。また改めて訪問記を綴りたいと思っています。

 

そして山口県上関・祝島のひ香り高いひじきをアクセントに。

 

すてきな梅雨をお過ごしください。

 

〔日々雑記 参考〕 

・みやもと山 〜行ってきました!土と平和の祭典2016

・仕込みの風景 2015夏 

 

・・・・・

 

●車麩カツの梅おろし丼 スープ付  ¥1050/外税

 

・・・・・
メニューは変更、売切れになることがあります。予めご了承ください。 

フードグランドメニュー  
ドリンクグランドメニュー 

 

 


「にっぽんの豆パフェ」始まりました!:2017年6月デザート新メニュー

季節とめぐるパフェシリーズ。
今年の梅雨は、「にっぽんの豆パフェ」始まりました!
 
山形新庄の秘伝豆(青大豆)、黄大豆、
北海道中川郡幕別町の平沢さんが作る金時豆に小豆、
ご近所小平の豊島屋とうふ店さんが届けてくれる神崎在来大豆の絹豆腐のアイスやクリーム...
こだわりの素材を選び生まれたパフェ、上から解説させていただきますね。


てっぺんにはひんやり金時豆のアイス。
マスコバド糖(黒糖)のシロップをかけました。
そこにお店で炊いた粒あんを添えています。
 

塩麹のクッキーでアイスをすくいながら食べ進めていくと、
ピリッと爽やかな辛味と酸味が効いた生姜のジュレ。
その下には秘伝豆と金時豆のコンポート。
甜菜糖で甘さ控えめにほっくりとシンプルに煮ふくめました。
 
クリーミーなアイスと爽やかなジュレをお豆に絡ませてお豆をひとつぶひとつぶ味わっていくと、
その下には、煎り黄大豆と入り玄米のグラノーラが出てきます。
生地にはきなこと黒ごまと玄米粉。
ざくざくした食感と香ばしい風味が味わえます。
 
甘く優しいハーモニーを味わっていただいたところで
杏子のピュレの独特の酸味が登場。 そこにやさしいお豆腐のクリーム。
クリームとグラノーラと杏子がまた楽しいハーモニーを奏でてくれます。
 
最後は黒糖とレモンのジュレと再びお豆のほくほく。
そして生姜のキリっとしたソースで締め。
 
お豆の味わいを最大限に生かして、コクのある黒糖と、 生姜をアクセントにさいごまで飽きずにさっぱりとバランスよく味 わえますように。―上から下まですべてを手づくりし、グラスに重ねた「にっぽんの豆」づくしの、新感覚パフェが仕上がりました。


そして、それぞれの素材の背景に広がるストーリーをご紹介します。

■秘伝豆(青大豆)・黄大豆〜作り手:高橋さんご一家(山形県新庄市)


カフェスローのお米の生産者さんでもある高橋さん。 環境への負荷を少しでも少なくするため無農薬・ 無化学肥料で大豆も栽培しています。 「安心な国産大豆を農家さんたちがいつまでも育て続け、 私たちがそれをいつまでも食べ続けていけますように。」― 作る人と食べる人が顔の見える繋がりの中で支え合っていく「 大豆トラスト運動※1」 を18年前より展開しその輪は全国に広がっています。

※1 現在の大豆の自給率は4%。 輸入大豆のうち8割は遺伝子組み換え大豆。 1口4000円の出資で生産者が育てた大豆をお豆やお醤油もお味 噌で受け取ることで国産大豆栽培を応援するしくみ。
ネットワーク農縁

■金時豆・小豆 /作り手:平澤さん(北海道中川郡幕別町)
北海道の広い大地で無農薬・無化学肥料栽培されています。 豆の収穫期の雨風の被害をを受けることが多いのですが、 平澤さんは未熟な状態では収穫せず畑でしっかり完熟してから収穫 。また収穫後は繊細な風味を残すため、 機械でなく冷たい北風で2〜3週間自然乾燥。 その手間暇がおいしさのひみつです。

■神崎在来豆腐 /作り手:豊島屋とうふ店 岡野さんご一家(東京都小平市)


2016年夏は、子ども向けのお豆腐作りのワークショップの先生もしてくださいました!

国分寺の北隣・小平市で、50年近く続く町のお豆腐屋さん。 現職人・岡野宏和さんのお父様が始められました。 日本の風土で育てられる大豆「地大豆」から、 日本の食文化の代表である豆腐、お揚げ、 など大豆食品を紡いでいます。
豊島屋さんのお豆腐は市内の小学校の給食にも登場したり、 お店には夕方になると地域に住む皆さんが手づくりの豆腐を買いに 次々に訪れます。 住所:小平市小川西町3-3-22  電話:042-342-4008 定休日:日曜日

■マスコバド糖 /作り手:フィリピンネグロス島サトウキビ農家の皆さん
未精製のためサトウキビの風味とミネラル分が豊富で糖蜜のコクが ぎゅっと詰まっています。1980年代半ばの「砂糖危機※2」 をきっかけにスタートした民衆交易。 彼らの暮らしと私たちの暮らしはこのお砂糖を通して30年間にわ たってつながり続けています。

※2 大規模な単一作物栽培に従事していた土地を持たない人々が、 砂糖の価格の暴落によって飢餓に陥ってしまったできごと。
Alter Trade Japan
 

素材が紡ぐ物語まで、一緒に届きますように。
ぜひ、味わいにいらしてくださいね。

・・・・・

 

●「にっぽんの豆パフェ」 ¥1,000/税抜

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 


| 1/230PAGES | >>




ブログ内を検索

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他