HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

洋梨のタルト:2017年秋の新メニュー

 

季節のフルーツを使ったタルトシリーズ。今年の秋は洋梨が初登場です。

 

初めましての洋梨は、ポランさんを通して山形県高畠町の猪野農園さんが育てているものを届けて頂いています。

(洋梨のことを少し調べると、品種数は10種類以上。夏の終わりから、りんごと同じように、季節の移り変わりと共にバトンを受け渡すように移り変わっていくとのことです。ちなみに今は9月の終わりから10月の半ばに出回る「マルゲリットマリーラ」という品種。洋梨の中では一番大玉だそうで500g〜600gぐらいあり、最初みたときはびっくりしました。ごつごつとして愛らしく、それでいて繊細な味です◎)
 

到着後はしばらく追熟させて、程よい固さになったらコンポートにします。洋梨を味わった満足感を感じて頂ける風味と固さを大切に…生地にはアーモンドプードルのコクとレーズンのアクセントを加え、しっかりと焼き上げています。

 

この時季ならではのさわやかな味。

コーヒーはもちろん、アッサムティとの相性もおすすめです。

 

どうぞお楽しみください。

 

・・・・・

 

NEW●洋梨のタルト ¥580

 

●バランゴンバナナとラムレーズンのお豆腐アイス ¥600

ラム酒に漬け込んだレーズンをたっぷり練り込んだオトナのアイスと、フィリピン農家の暮らしとつながる香り高いバランゴンバナナのアイスにパリパリチョコソースをかけました。自家製グラノーラ&塩麹クッキー添え。

 

NEW●バランゴンバナナたっぷりパウンドケーキ ¥600 / ハーフ¥320

香り高いバランゴンバナナを粗くつぶし生地にたっぷりと入れ焼き上げました。豊かなバナナの香りとマスコバド糖を使用した自然な甘みがお楽しみいただける、もっちりしっとりした食感のケーキです。  

 

●ちいさなお菓子

・スパイシービスコッティ ¥280

 ブラックペッパーとジンジャーをピリッと効かせ、甘さ控えめに焼き上げました。

・塩麹クッキー ¥280

・パウンドケーキ ハーフ ¥320

 

*ドリンクとセットでのご注文を承ります。

*デザートセット対象外です。

 

 

*デザートはすべて卵・乳製品不使用です。

*表示価格は外税です。
*メニューは変更・売り切れになることがあります。予めご了承ください。

 

・・・・・

 

フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 


スパイスビスコッティ〜新メニューちいさなお菓子

 

じわじわとご利用いただいている、ちいさなお菓子シリーズ。

デザートまるまるまでは食べられないけれど、ちょっと食べたいなというときに。

 

ひとつは、ブラックペッパーとジンジャーがきいたスパイシーなビスコッティ。甘さが控え目なので、ビールやワインのお供にも。

もう一つは、パフェやアイスで好評いただいている塩麹クッキー。しっとり、さっくりあまじょっぱさが癖になります。

 

どちらも店頭にてお持ち帰り用もご用意しています。

 

・・・・・

 

ちいさなお菓子2017.8.〜

 

・スパイシービスコッティ 280  

 

・塩麹クッキー 280

 

・スパイスキャロットケーキ ハーフ 320

 

 

*ちいさなお菓子は、ドリンクとセットでのご注文を承ります。

*デザートセット対象外です。

*表示価格は外税です。

 

・・・・・
メニューは変更、売切れになることがあります。予めご了承ください。

フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 


ピーチフェア2017:夏の新メニュー

 

山梨県・一宮市の桃農家「宝桃園」さんが紡ぐ、ふんわりとやさしい香りときめ細やかな歯ざわりの、宝物のような桃「宝桃」。7年目になる今年の夏も届きました。ありがとうございます。

その年初めての桃が届いて、きゃーきゃーいいながら開封する私たちの毎年の風景。今年も幸せです。

 

今年の夏も、好評いただくパフェとドリンクをご用意しています。

 

季節の果物や素材で作るパフェシリーズでも、「桃がやっぱり好き!」という方が多いです。

桃は、お豆腐のアイスクリーム、シャーベット、コンポート、ゼリー。国分寺平野農園さんのブルーベリーのソースの酸っぱさをアクセントに。パフェの土台ともいえる、豊島屋さんのお豆腐でつくる豆腐のクリームと、名脇役に、自家製の塩麹クッキーとマスコバド糖のグラノーラ。去年より少しアレンジを加え、一つひとつの層とハーモニーを楽しんでいただける内容となりました。

 

ドリンクは2種類ご用意しています。

「食べるソーダ!」と言えるくらい、たっぷりとコンポートが入ったピーチソーダ。ソーダでシュワッとすっきりしながら、桃を味わって頂けます。

豆乳ピーチジュースはまろやかな甘さの仕上がりに。小さなお子様にも、きっと気に入って頂けると思います。

 

 

是非、お楽しみください!

 

・・・・・

 

PEACH FAIR 2017

 

・宝桃のピーチパフェ ¥1000

桃を丸ごと使って、果肉を味わえるコンポートに桃のシャーベットと桃のアイスクリームジュレや、豆腐クリーム、グラノーラまですべて手作り!季節の贈り物、桃のおいしさがぎゅっと詰まった贅沢パフェです!

 

・ピーチソーダ ¥650

宝桃のコンポートの果肉がたっぷり入った、暑い日にぴったりのシンプルでさわやかなソーダ。

桃とソーダのシンプルな材料でおつくりします。桃そのものの味を存分にお楽しみください。

 

・豆乳ピーチジュース ¥620

豆乳と宝桃のコンポート、シロップを合わせたドリンクです。宝桃のふんわりとやさしい甘さと、豆乳のまろやかさのハーモニーを楽しんでいただけます。

 

・・・・・


メニューは変更、売切れになることがあります。予めご了承ください。

フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 


「にっぽんの豆パフェ」始まりました!:2017年6月デザート新メニュー

季節とめぐるパフェシリーズ。
今年の梅雨は、「にっぽんの豆パフェ」始まりました!
 
山形新庄の秘伝豆(青大豆)、黄大豆、
北海道中川郡幕別町の平沢さんが作る金時豆に小豆、
ご近所小平の豊島屋とうふ店さんが届けてくれる神崎在来大豆の絹豆腐のアイスやクリーム...
こだわりの素材を選び生まれたパフェ、上から解説させていただきますね。


てっぺんにはひんやり金時豆のアイス。
マスコバド糖(黒糖)のシロップをかけました。
そこにお店で炊いた粒あんを添えています。
 

塩麹のクッキーでアイスをすくいながら食べ進めていくと、
ピリッと爽やかな辛味と酸味が効いた生姜のジュレ。
その下には秘伝豆と金時豆のコンポート。
甜菜糖で甘さ控えめにほっくりとシンプルに煮ふくめました。
 
クリーミーなアイスと爽やかなジュレをお豆に絡ませてお豆をひとつぶひとつぶ味わっていくと、
その下には、煎り黄大豆と入り玄米のグラノーラが出てきます。
生地にはきなこと黒ごまと玄米粉。
ざくざくした食感と香ばしい風味が味わえます。
 
甘く優しいハーモニーを味わっていただいたところで
杏子のピュレの独特の酸味が登場。 そこにやさしいお豆腐のクリーム。
クリームとグラノーラと杏子がまた楽しいハーモニーを奏でてくれます。
 
最後は黒糖とレモンのジュレと再びお豆のほくほく。
そして生姜のキリっとしたソースで締め。
 
お豆の味わいを最大限に生かして、コクのある黒糖と、 生姜をアクセントにさいごまで飽きずにさっぱりとバランスよく味 わえますように。―上から下まですべてを手づくりし、グラスに重ねた「にっぽんの豆」づくしの、新感覚パフェが仕上がりました。


そして、それぞれの素材の背景に広がるストーリーをご紹介します。

■秘伝豆(青大豆)・黄大豆〜作り手:高橋さんご一家(山形県新庄市)


カフェスローのお米の生産者さんでもある高橋さん。 環境への負荷を少しでも少なくするため無農薬・ 無化学肥料で大豆も栽培しています。 「安心な国産大豆を農家さんたちがいつまでも育て続け、 私たちがそれをいつまでも食べ続けていけますように。」― 作る人と食べる人が顔の見える繋がりの中で支え合っていく「 大豆トラスト運動※1」 を18年前より展開しその輪は全国に広がっています。

※1 現在の大豆の自給率は4%。 輸入大豆のうち8割は遺伝子組み換え大豆。 1口4000円の出資で生産者が育てた大豆をお豆やお醤油もお味 噌で受け取ることで国産大豆栽培を応援するしくみ。
ネットワーク農縁

■金時豆・小豆 /作り手:平澤さん(北海道中川郡幕別町)
北海道の広い大地で無農薬・無化学肥料栽培されています。 豆の収穫期の雨風の被害をを受けることが多いのですが、 平澤さんは未熟な状態では収穫せず畑でしっかり完熟してから収穫 。また収穫後は繊細な風味を残すため、 機械でなく冷たい北風で2〜3週間自然乾燥。 その手間暇がおいしさのひみつです。

■神崎在来豆腐 /作り手:豊島屋とうふ店 岡野さんご一家(東京都小平市)


2016年夏は、子ども向けのお豆腐作りのワークショップの先生もしてくださいました!

国分寺の北隣・小平市で、50年近く続く町のお豆腐屋さん。 現職人・岡野宏和さんのお父様が始められました。 日本の風土で育てられる大豆「地大豆」から、 日本の食文化の代表である豆腐、お揚げ、 など大豆食品を紡いでいます。
豊島屋さんのお豆腐は市内の小学校の給食にも登場したり、 お店には夕方になると地域に住む皆さんが手づくりの豆腐を買いに 次々に訪れます。 住所:小平市小川西町3-3-22  電話:042-342-4008 定休日:日曜日

■マスコバド糖 /作り手:フィリピンネグロス島サトウキビ農家の皆さん
未精製のためサトウキビの風味とミネラル分が豊富で糖蜜のコクが ぎゅっと詰まっています。1980年代半ばの「砂糖危機※2」 をきっかけにスタートした民衆交易。 彼らの暮らしと私たちの暮らしはこのお砂糖を通して30年間にわ たってつながり続けています。

※2 大規模な単一作物栽培に従事していた土地を持たない人々が、 砂糖の価格の暴落によって飢餓に陥ってしまったできごと。
Alter Trade Japan
 

素材が紡ぐ物語まで、一緒に届きますように。
ぜひ、味わいにいらしてくださいね。

・・・・・

 

●「にっぽんの豆パフェ」 ¥1,000/税抜

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 


玄米粉のきなこボーロと塩麹クッキー:ちいさなお菓子はじめます

 

カフェスローでお出ししているドリンクは、お食事同様、季節やストーリー、頂くつながりを編みながら、一つひとつ丁寧におつくりしています。

そんなお飲み物を、もっと気軽に楽しんで頂くためのちいさなお菓子をご用意しました。

 

ひとつは、カフェスロー定番*玄米さわのはなの米粉をきなこボーロと、塩麹のクッキー。さくさくっ、ほろほろ……米粉やきなこ、麹など、私たちの風土や文化ならではの素材を、コーヒーの傍らでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

材料で使用しているさわのはなの米粉は、店頭でも販売しています。ホワイトソースをつくるのにもダマになりにくいですし、天ぷらなどもサクサクな仕上がりになり、お勧め◎(スタッフも愛用しています。)

 

 

もう一つは、定評頂いている季節で変わるパウンドケーキの半分のサイズ。

今は、キウイとココナッツのパウンドケーキです。

 

 

ゆっくりと、ティータイムをお楽しみ頂ければ幸いです。

 

 

・さわのはなの米粉:ネットワーク農縁

・ココナッツ:ココウェル

 

・・・・・

 

●ちいさなお菓子 各¥340

 

・玄米粉のきなこボーロと塩麹クッキー

・キウイとココナッツのパウンドケーキ ハーフサイズ

 

*お茶またはお食事と合わせてのご注文を承っております。ご了承ください。

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 


国分寺中村農園のいちごパフェ:2017年4月新メニュー

 

国分寺・中村農園さんのいちごを贅沢に使わせて頂いたいちごパフェ、始まりました。

 

この時期のいちごは糖度が少しずつおさまり、徐々に酸味が増してくるそう。そんないちごだからこそのパフェにと仕上げています。

中村農園さんのいちごのシャーベット、ソース、ムース。こちらも定番カフェスローにはなくてはならない素材・豊島屋とうふ店さんが作って下さっているお豆腐のアイスとクリーム、そしてグラノーラ。(すべて自家製です!)

上から下まで、食べ進めるごとに楽しんで頂けるよう、順番と全体のバランスを整えています。

 

 

まだまだ寒い3月の始め、中村農園さんにお邪魔し、畑やいちごのハウスを見せて頂きながらお話を伺いました。小雨降る中、笑顔で迎えて下さった中村さん。
 

 

元々は、冬の手が空く時期にと始められたいちご栽培。今は1年のうちで指折りに忙しい時期になられているとのことでした。

効果的な設備投資で農薬を減らすことを実現、温度や湿度、CO2量がデータ化され、ある一定量を超えると自動で天井が開き空気を入れ替える装置にコンピューター管理。人手のいる部分を機械化することで、少人数で、本当に必要な部分に手をかけ足を運ぶことを実現されていました。

 

 

お店で使う分のいちごを自分たちで摘ませて頂きました。いつも届けて頂いている粒と熟成度がそろったいちごをそろえるのは相当難しいことであることを、身をもって体感。。。(しかし、終始笑顔な我々笑)

 

 

 

「伝えるってなんだろう?」しばしばスタッフ間での話題にのぼります。もちろん、来ていただいて、召し上がって頂いて、五感で感じて頂くことをまず一番大事にしたい。そしてその次にやっぱりその食材のスケープを温度感もって伝えていきたい。そんな気持ちをいつもそっと携えてます。

 

今回は、いちごパフェやいちご酢ソーダと一緒に、中村農園さんの紹介レポートとパフェの開発ストーリーをシンプルにまとめたものも添えています。(毎度のことながら時間と追いかけっこしながらの、手書き&切り貼りの超手作り感あふれた一作ですが、ぜひ一緒にお楽しみ頂けたら嬉しいです。)

 

 

中村農園さんのいちごは、年数を重ねるにつれ、マルシェや飲食店など、地域のいろんなところで見かけることも多くなりました。

「自分の手で作ったもので、こどもを育てたい」

そんなあたたかな想いと行動力で、おいしいいちごづくりを形作り、地域と人、人と人を紡がれる中村農園さん。

 

そんな中村さんの生み出すいちごでつくっています。

おたのしみください。

 

・・・・・

 

●国分寺「中村農園」のいちごパフェ 1,080(税込)

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 


バナナたっぷり!とうふのキャラメルムース:2017年4月新メニュー

 

季節の変わり目とともに新デザートも続々。

パフェのみならず、そのほかのデザートも、季節やストーリーと共に楽しんで頂けるメニューをご用意しています。

 

そのうちのひとつ。新緑の季節とともにふわりと楽しんで頂きたい「バナナたっぷり とうふのキャラメルムース」。

 

お豆腐は、カフェスロー定番・豊島屋とうふ店さんの絹豆腐を使用。こうざき在来の大豆で豊島屋さんがつくるお豆腐は、大豆の甘さをふんわり感じられる、やさしいやさしいお豆腐です。メニューを開発したカフェスローキッチン・むーちゃんによれば、風味、口当たりともに、豊島屋さんのお豆腐あってのムース、とのこと。

(お豆腐は火曜日&金曜日にカフェスローマーケットに入荷します。)

 

トッピングには、

まず、乱切りにしたバランゴンバナナをごろごろ。

こちらは、特定非営利活動法人アプラの野川未央さんから紹介いただいたのがきっかけで出会いました。もはやカフェスローの定番になりつつあるバナナですが、ストーリーのみならず、糖度といい粘質といいとても良い◎とカフェスローキッチンは信頼をおいているバナナです。(カフェスローマーケットでの販売はしておりませんが、アプラwebショップやいくつかの自然食品店、パルシステムさんなどでは購入が可能なようです)

 

その他には、

定番・豆腐のクリームと、食感のアクセントには微妙な塩の度合いを調整してつくる自家製の塩アーモンドを。

 

 

卵・乳製品は使わずに作っているので、食後にも重たくなくて召し上がって頂けたらうれしいです。

コーヒーとの相性も◎

是非、おたのしみください。

 

■豊島屋とうふ店
■特定非営利活動法人アプラ 

 

・・・・・

 

●バナナたっぷり とうふのキャラメルムース 580/税抜537

 

*デザートはすべて、卵・乳製品不使用です。

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 


国分寺「中村農園」のフレッシュいちごタルト

 

好評頂く、季節のタルト。

 

今冬は国分寺・中村農園さんの冬のいちごが主役。

冬のいちごは春のいちごよりも糖度は低め。でもこの季節特有の酸っぱさがあるそうです。

 

ほろ苦いココア生地に甘い豆乳カスタードクリーム、甘酸っぱいいちごジャムを層にしています。

全体的には軽やかな仕上がりに。

 

どうぞおたのしみください!

 

 

・・・・・

 

●国分寺「中村農園」のフレッシュいちごタルト ¥630

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 


Happy Chocolate Time 2017〜期間限定スペシャルメニュー



Happy Chocolate Time!
チョコレートにときめくおいしい季節がいよいよ到来。
毎年恒例、愛あるフェアトレードのおいしいチョコレートを贅沢に使った、ドリンク&スィーツメニューをご用意しています。


 

店頭では、メニューで使用しているチョコレートやカカオのを販売中。(売切れの場合はご容赦ください)

是非のぞいてみてくださいね。

『 Happy Chocolate Time! 2017 』


 

SPECIAL THANKS♡ photo by Yusuke Onuma
・・・・・

Happy Chocolate Time! 2017 Special MENU

◆Drink
●ホットジンジャーチョコレート ¥680

生姜と唐辛子がビリっと効いた自家製ジンジャーシロップが、寒い日にはぴったり!

冬の定番、濃厚でマイルドなホットチョコレート。

*スローウォーターカフェのエクアドルチョコレート・ビターを使用


●自然酒 寺田本家純米酒のホットチョコレート ¥750

からだが喜ぶ、元祖自然蔵・寺田本家の純米酒「五人娘」と、 エクアドルチョコレートのコラボレーション。毎年好評頂いています。ふんわ〜り気持ちよくなって、からだもこころもポカポカ◎

*スローウォーターカフェのエクアドルチョコレート・ビターを使用

 

◆Desserts
●バランゴンバナナとチョコレートのパフェ ¥1000

カフェスロー人気のパフェ。チョコレートの苦みと甘み、バランゴンバナナの濃厚なアイス、バナナと柑橘のフレッシュフルーツ、さくさく自家製クランブル、アーモンドの塩味。冬ならではの味のハーモニーを、お楽しみください!

*スローウォーターカフェのエクアドルチョコレート・ビター、ATJのバランゴンバナナを使用。


●豆腐のガトーショコラ ¥630
しっとり、濃厚。愛あるチョコレートを贅沢に使いました。ダイスカットのチョコ絵r-ととhろにがいカカオニブをアクセントに。チョコレート好きの方にお勧めです。
*スローウォーターカフェのエクアドルチョコレート・ビター、キヌア、APLAのパプアカカオニブを使用


・・・・・
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 
メニューは変更になることがあります。予めご了承ください。

 


初冬の新デザート:五十嵐さんの庄内柿と緑茶のプリン

 

秋も半ば。街路樹も気づけば、黄色に色づき始めています。朝晩もひんやりする日が増えましたね。冬への入り口です。

そんななか、カフェスローでは和風スウィーツがお目見えしました。

 

山形県で農家18代目を継ぐ五十嵐さんから届いた庄内柿をつかった緑茶プリン。渋みのある緑茶に、ほんのり上品な甘さの柿ジャムとフレッシュな庄内柿の乱切り、小豆からたきあげた餡が織りなすハーモニーに、思わず顔がほころんでしまいます。

 

きれいなオレンジ色の庄内柿は、五十嵐さんが伝統的な製法である、焼酎で渋を抜くやり方でつくりだしたもの。手間がかかるからこその繊細な甘さです。

 

ホットコーヒーにも番茶にもあう初冬のスイーツたちに、ぜひ会いにきてください。

 

・・・・・

 

●五十嵐さんの庄内柿と緑茶のプリン 630

葛粉入りの濃厚な緑茶プリンに、小豆から炊き上げた餡、酸味を効かせた自家製の柿ジャム、ほんのり甘いフレッシュな柿をのせ、和風に仕上げました。柿は、山形県で農家18代目を継ぐ五十嵐さんが昔ながらの製法で渋抜きした庄内柿!

 

●さつま芋とマスコバド糖のケーキ 580

シナモンがふんわり香るさつま芋が、フィリピン・ネグロス島よりフェアトレードで届いた、コクのある上品な甘さのマスコバド糖と出会いました。パンプキンシードのカリッとした食感をアクセントに。豆腐クリームと一緒にどうぞ。

 

●果樹園木楽のりんごとキャラメルパフェ 1000

山形県朝日町「果樹園木楽」から届いた旬のりんごを贅沢に使った季節限定パフェ。
ほろ苦いキャラメルアイス、甘酸っぱいりんごシャーベット、香り高いりんごのコンポート、角切りりんご、豆腐クリームにグラノーラ。すべてお店で手作りしています。

 

●バランゴンバナナとコーヒーのタルト 630

さっくりとしたコーヒータルト生地に、豆乳カスタードクリーム。その上に、フィリピン・ネグロス島からフェアトレードで届いた、野性味あふれるバナナを贅沢にトッピング。コーヒーにぴったりの初秋デザートです。

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 


| 1/13PAGES | >>




ブログ内を検索

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他