HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

ありがとうございました:映画「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」大感謝祭



先日、ドキュメンタリー映画「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」の完成から1年の大感謝祭が行われました。
終始明るく賑やかで、映画に関わった全ての方のお人柄がにじみ出るような時間と空間でした。

ある日突然、心当たりの全くない罪を着せられ、次の日からの人生は、自分の無罪を証明するために闘う毎日になる、冤罪。日本では数多くの冤罪事件が発生しています。

ご本人の、その状況の急変と毎日のしんどさは到底想像することもできないけれど、最後、石川一雄さんがお帰りになるときに、わたしたちスタッフも含めそこにいる一人ひとりに握手をしご挨拶をされていく姿が、とても深く心にどっしりとあります。



映画の音楽を担当された谷川賢作さん、小室等さんはじめミュージシャンの方々の唄声と素晴らしい演奏、そしてゲストでいらしていた谷川俊太郎さんの朗読もありました。
その中で、俊太郎さんが読まれていた「今年」が、その日のそこに集った全ての人の人生を描写しているようでした。


当日は、石川さんの獄友(獄中の友達)も多くいらっしゃり、普段は闘うモードで集うことがほとんどと聞きましたが、やわらかな雰囲気の中での集う特別な機会の場所として、カフェスローをお選び頂き大変光栄でした。ありがとうございました!

ドキュメンタリー映画「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」、まだ見ていらっしゃない方は必見!です!是非ご覧ください。
*映画「SAYAMA」オフィシャルwebサイトこちら

・・・・・

「今年」

涙があるだろう
今年も
涙ながらの歌があるだろう
固めたこぶしがあるだろう
大笑いがあるだろう今年も
あくびをするだろう
今年も
短いたびに出るだろう
そして帰ってくるだろう

農夫は野に
数学者は書斎に
眠れる夜があるだろう
だが愛するだろう
今年も
自分より小さなものを
自分を超えて大きなものを

くだらぬことに喜ぶだろう
今年も
ささやかな幸せがあり
それは大きな不幸を
忘れさせることはできぬだろう
けれど娘は背が伸びるだろう
そして樹も
ご飯のおいしい日があるだろう
新しい靴を一足買うだろう
決心はにぶるだろう今年も
しかし去年とちがうだろうほんの少し
今年は

地平は遠く果てないだろう
宇宙へと大きなロケットはのぼり
子等は駆けていくだろう
今年も歓びがあるだろう
生きていくかぎり
いなむことのできぬ希望が


谷川俊太郎「この星の上で」より
・・・・・



・・・・・

○PARTY MENU

リンゴとオリーブ、マッシュルームのピンチョス

彩り蕪のゆずマリネ

南瓜と胡桃のサブジ

高野豆腐と大根のはさみ揚げ〜大根葉ジェノベーゼソース

根菜と木の子の酒粕ホワイトソースグラタン

青菜の玄米結び
赤かぶの玄米結び

・・・・・
パーティ、承っております!こちら

ウェディングパーティは別途お問い合わせください。
WEDDING PARTY archive *







ブログ内を検索

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他