HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

◆マーケットレポ : 『 たねと食のおいしい祭vol.3 』

天気予報通りの、しとしと雨降り。次第に雨足は強く・・・
しかし、有難いことにオープン前からすごい人、人、人!


駐車場一番初めの入り口には、渋谷にお店を構えるデイライトキッチンさん。

早速お邪魔したところ、あんまんじゅうを蒸し中。きんぴらピタサンドも美味しそう。
蒸し上がり間もないあんまんじゅうは、生地の部分も中身のあんこも、とても優しい味わい。




その隣には、PEACEDELI。

どぶ漬けビールやオーガニックラーメン、湘南ぴゅあソーセージなど、お祭りにぴったり!なラインナップ。主宰の新納平太さんの地元・鹿児島の郷土料理「とんこつ」も。味噌味が冷えた体に染み渡ります。


続いて、色とりどりの美しい野菜が並ぶ旅する八百屋warmer warmerさん。
一番目と心を惹かれたのは、青森在来で今はもう一人しか作り手がいないという「筒井赤かぶ」。
美しく立派な葉に、ぎゅっと詰まっていそうな小ぶりの紅色のかぶ。
そしてお馴染み雲仙•岩崎政利さんのじゃがいもや、外の葉も柔らかくて美味しいというキャベツ。岩崎さんとは、以前吉祥寺の種市でお話して以来。野菜を手に、どうしているかなと想いを馳せながら。

それぞれに美味しい食べ方も教えてもらって、どうやって食べようかわくわく想像を膨らませます。




そして、本日デビューのパン屋・まるふじ!
店主のさいとうちゃんのデビュー戦に、こどもパン店主&店主母も応援団で参加!

以前試食でもらった渦巻きクロワッサン「ボーヴォロ」や、ぎゅっとつまったカンパーニュ、おやきぱんなど。4月までの期間限定ですが、お隣に新しいパン屋さんがある喜びときたら!これからどうぞよろしくね◎



その隣には修験deパンさん。
たねフェスの1週間前に思いがけずカフェスローを訪ねてくださり、 その時に一緒に来ていた子ヤギの「うららちゃん」も登場。今日は雨で少し寒そう…
有機自家栽培で小麦を作るところから始まる、修験deパンさんのパン作り。一つひとつ丁寧に手づくりされてできる力強い土の香りのカンパーニュ。そんなパンが生まれる地も、いつか訪れてみたいです!



その向かいには、マサラワーラーとSamosa wala Timoke。
マサラワーラーは、やっぱりお祭り盛り上げ役にぴったり!な楽しい雰囲気と美味しい南インドプレート。

Timokeはカフェスローキッチンはお休みで今日はサモサや専念◎いつも大人気のベジサモサを今日もひたすら揚げる揚げる!国立で「ALUMONDE」を主催している鳥ちゃん&よっしーが売り子さんのお手伝い。今回、第2部「たねの祝」のメニューや味噌神輿をつくるのにも協力してくれた2人、ありがとう◎


そして、種や種まきにまつわるものの展示販売を行う、ナチュラルシードさん、
光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)さん、都留環境フォーラムさん。

ナチュラルシードさんの有機種子ルッコラは、一昨年たねを買ってプランターに蒔いて、昨年は素人ながら種取りをしました。
種を蒔いて、育った葉をいただいて、花が咲いて枯れて種ができて、またその種を蒔いて・・・
頭では分かっていたけれど、ゆっくりと一通り自分の手で体験することで、すとんとくるものもありました。




畑懐さんの種は、パッケージも素敵。昨年はカフェスローの店頭販売でも大人気でした!

マーケットだと、直接お話が伺えるのがやはり◎畑懐さんのお話はとても興味深くぐいぐいわくわく引き込まれます。ワークショップも好評でした!



都留環境フォーラムさんは、自家採種のたねやおなじみ玄米餅、カフェスローからレシピも提供させて頂いた玄米麺、オリジナル手拭いなど。かわいい♪団体の構成メンバーによる書籍も必読です。





店内入り口付近には、毎年恒例・元祖自然蔵・寺田本家さんの振舞い酒!
すごい人だかりです。 このお酒たちは、たねフェスのはじまりに祝い唄を謳っ下さる蔵元の寺田優さんはじめ、寺田本家の蔵人さんたちの歌声を聞いてぷくぷく育って今ここにいるんだなぁと。

心もからだも、ぽっと温まります。



そのお隣には、トージバ!

こちらも毎年恒例、麻の実や炒り豆を試食させてくれます。
ほんのり塩味で味わい深く、やめられない・とまらない。こちら「第2部・たねの祝」でも登場!今回は親子で出店!



店内に入ると、まずご近所・おたカフェ&クルミドコーヒー、そして三軒茶屋よりカフェオハナさん。


おたカフェのスープカレー&地元国分寺の農家・中村さんのいちごラッシーは、素晴らしい組み合わせ。美味しくいただきました◎




国分寺の名店のひとつ、クルミドコーヒー!この日はカフェスローの常連さんでもあるあの方がお店番をしていたり!?いつもながら楽しい雰囲気♪

くるみリキュールを使ったノチェロオレや、くるみを使った焼き菓子も。



カフェオハナさん、今年は在来種のさつま芋とお豆の酒粕豆乳シチュー!あたたまりそう◎お二人のあたたかい雰囲気に包まれ幸せな気持ちに。



その横には、今回はじめましての福田農園さん。

東京生まれ東京育ちの福田さんが群馬県藤岡市で農業を始めたきっかけは、「自分たちがほしいものを」を作りたいという想いからだったそう。
福田さんは、口数は多くないもののとても芯がある感じがして、大切に想うことを大切にしながら食生活の根幹である「穀物」を育て、わかちあう暮らしを目指しているのだなぁと、お話しを聞きながら思いました。
シンプルなデザインやパッケージも福田さんらしく、魅力的。


そしてそのお隣は、コスミックエナジー!田村さんは岩手の気鋭の若手農家さん。

岩手の伝統的な品種を守り育てながら、様々な工夫や取り組みを通じて、食べる人の元へどう届けるか、夫婦でチャレンジを続けていらっしゃいます。周りをあかるい優しい雰囲気で照らして下さる空気が印象的なお二人。

幻の古代米・緑米 450g(3合)、無肥料自然栽培・自家採種3年の幻の古代米・緑米とその玄米を使ったポン煎餅は食べ始めると、そう、止まらないので危険です…

自然農法10年の一反百両じねん道さん!ご家族で出店いただきたねと暮らしの教室の方でもお話を伺いました。

たね、に見惚れてしまいます。



茨城県那珂市で自然農を営んで9年。ポコ・ア・ポコ農園さん!この日も

たねfes実行委員団体の週末農風は、ポコさんを訪ねる援農ツアーを頻繁に企画しています。週末農風さんはこの日もブースをお手伝い。


店内奥のベンチ側では、藤野わたわたの会による糸紡ぎや、たなつもの屋さんによる油絞り
ポコアポコ農園・和知さんによる種取りなど、ワークショップ祭り!



油だって種、着るものも元をたどれば種。普段はなかなか意識していませんが、身の回りを見渡してみると、本当に種って特別なことではなく私たちの暮らしそのもの。そして、ひとつひとつ手を使うことは大変で時間のかかることでもあるけれど、なにものにも変えられない実感として、わたしたちの心やからだに残る気がします。



カフェスローブースは、「つづくたねのおでん」。この日のお天気、おでん日和になりました!和知さんのルタバガに豊島屋さんのがんもどき、餅巾着、みやもと山の玉子、湘南ぴゅあのソーセージ・・・スタッフでアイデア出しをしている時点から「美味しそう〜♪」と随分盛り上がっていました(笑)
普段お世話になっている豊島屋さんがお子さんを連れてやってきて、「ほら、うちのがんもだよ!」 と。なんだかとても嬉しく、微笑ましく。ぴたらファームの田才さんもコラボ出店!

カフェスロー人気の玄米・さわのはな始め、ネットワーク農縁の一連の食品もずらり。



そのそばでは、ネットワーク農縁・高橋保廣さんや都留環境フォーラム・加藤大吾さんらによる、力強いもちつき!
カフェスローキッチンスタッフ・もーりー中心に、周りで興味津々で見ていた子どもたちも途中から参加!
地域通貨「ぶんじ」でもち運びのお手伝いをしてくださったMさん、B.B.B.(ぶんじバイク便)Nさん、 ありがとうございます!つきたてのお餅の美味しさは格別でした◎



出展者さんもお客さんも含め、改めてこんなにたくさんの人々がこの日この場に集ってくださったことは、ほんとうに素敵なことだなぁと実感しました。本当にありがとうございました。

祭は終わり、ハレの日からまたケへ。
みなさんもカフェスローも、今ここからどんな種を蒔いて未来へと紡いでいくのでしょうか。
消費者・生産者・主催者・お客さんなどという括りを、ある部分では超えながら、ともに手を取り合って歩んでゆけたら嬉しいです。これからも、来年もよろしくお願いします!


〔report Hikari Tanaka photo Ai Baba アースデイマーケット写真部〕
 





ブログ内を検索

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他