HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

祭りを終えて 『たねと食のおいしい祭vol.3』

3月1日(日)に開催された「たねと食のおいしい祭」から、早一ヶ月が経ってしまいました。心に安堵をくれたエッセイの読後感のようなものを携えふわふわと日々を送っていましたが、そろそろ着地せねばと、当日を振返り綴っています。



「たねと食のおいしい祭」は、固定種、在来種など、わたしたちの風土や文化を紡いできた種を知り、守り、そして紡いで行こうということをテーマにしている、“祭”です。

“祭”とは、こどもから大人まで幅広い世代がそこに居て自由に身をゆだねられ、敷居も限りなく低く、ゆるやかに繋がれる場所。



当日は、昨今の種をめぐる現状について危機感を持ちつつも志高くポジティブなエネルギーで取り組むゲストや出店者の皆さん、その方たちを講師に迎えたお話会やワークショップ、食べることの楽しさを教えてくれる飲食店の皆さん、地元国分寺で食やコミュニティを意識して取り組んでいる方たち、そして来場者の皆さん、終日で総勢約300〜350人ほどの人たちが行き交いました。



食べる、おいしい、たのしい!があって、その足元に“種”。人々が集い、行き交い、言葉を交わし、野菜・お米をはじめとする素材、その素材を取り入れてのお料理、そしてその作り手との直接の触れ合いがあちらこちらで生まれました。お祭りらしい包容力と、層の厚さ、そしてやわらかな安心感に包まれた空間は、言葉では到底言い表すことができず、その場の光がワントーン明るく感じられるような希望にあふれた場力の感じる空間となりました。




夜のパーティで、山形新庄の高橋保廣さんの主催者冥利に尽きるありがたい言葉が深く残っています。

「種を蒔く人たちにとって、カフェスロー(とたねと食のおいしい祭)は、カフェだけど畑だ。ここで蒔かれた種がそれぞれの場所で芽を出すんだ。」

ご来場いただいた皆様、関わってくださったすべての皆様、ありがとうございました!
皆さんの持ち帰ったたねの様子はどうですか? 
また話を聞かせてください。


2015年4月12日 たねと食のおいしい祭実行委員会一同


・・・・・ 『たねと食のおいしい祭vol.3』レポート ・・・・・

1・マーケットレポ
2・諸国漫遊味噌作り体験!

3・たねと暮らしの教室
◆「たねと家族」1限目
◆「こめとさけ」2限目
◆「つなぐとつくる」3限目 作成中
◆「たねと循環」4限目 作成中

4・たねの祝 作成中


「たねと食のおいしい祭」公式webサイト こちら

・・・・・・・




 





ブログ内を検索

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他