HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

国分寺中村農園のいちごパフェ:2017年4月新メニュー

 

国分寺・中村農園さんのいちごを贅沢に使わせて頂いたいちごパフェ、始まりました。

 

この時期のいちごは糖度が少しずつおさまり、徐々に酸味が増してくるそう。そんないちごだからこそのパフェにと仕上げています。

中村農園さんのいちごのシャーベット、ソース、ムース。こちらも定番カフェスローにはなくてはならない素材・豊島屋とうふ店さんが作って下さっているお豆腐のアイスとクリーム、そしてグラノーラ。(すべて自家製です!)

上から下まで、食べ進めるごとに楽しんで頂けるよう、順番と全体のバランスを整えています。

 

 

まだまだ寒い3月の始め、中村農園さんにお邪魔し、畑やいちごのハウスを見せて頂きながらお話を伺いました。小雨降る中、笑顔で迎えて下さった中村さん。
 

 

元々は、冬の手が空く時期にと始められたいちご栽培。今は1年のうちで指折りに忙しい時期になられているとのことでした。

効果的な設備投資で農薬を減らすことを実現、温度や湿度、CO2量がデータ化され、ある一定量を超えると自動で天井が開き空気を入れ替える装置にコンピューター管理。人手のいる部分を機械化することで、少人数で、本当に必要な部分に手をかけ足を運ぶことを実現されていました。

 

 

お店で使う分のいちごを自分たちで摘ませて頂きました。いつも届けて頂いている粒と熟成度がそろったいちごをそろえるのは相当難しいことであることを、身をもって体感。。。(しかし、終始笑顔な我々笑)

 

 

 

「伝えるってなんだろう?」しばしばスタッフ間での話題にのぼります。もちろん、来ていただいて、召し上がって頂いて、五感で感じて頂くことをまず一番大事にしたい。そしてその次にやっぱりその食材のスケープを温度感もって伝えていきたい。そんな気持ちをいつもそっと携えてます。

 

今回は、いちごパフェやいちご酢ソーダと一緒に、中村農園さんの紹介レポートとパフェの開発ストーリーをシンプルにまとめたものも添えています。(毎度のことながら時間と追いかけっこしながらの、手書き&切り貼りの超手作り感あふれた一作ですが、ぜひ一緒にお楽しみ頂けたら嬉しいです。)

 

 

中村農園さんのいちごは、年数を重ねるにつれ、マルシェや飲食店など、地域のいろんなところで見かけることも多くなりました。

「自分の手で作ったもので、こどもを育てたい」

そんなあたたかな想いと行動力で、おいしいいちごづくりを形作り、地域と人、人と人を紡がれる中村農園さん。

 

そんな中村さんの生み出すいちごでつくっています。

おたのしみください。

 

・・・・・

 

●国分寺「中村農園」のいちごパフェ 1,080(税込)

 

・・・・・


メニューは変更・売り切れになることがあります。
予めご了承ください。


フードグランドメニュー 
ドリンクグランドメニュー 
デザートグランドメニュー 

 

 






ブログ内を検索

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他