HOME >> 日々雑記(新着情報・スタッフブログ)

「こどもスロープレートをつくろう」開催レポート

 

「こどもスロープレートをつくろう」 満員御礼にて開催させていただくことができました。
初めは緊張していたこどもたち。野菜にふれるたびに、 だんだんと表情がほぐれ、好奇心いっぱいに楽しんで、 もりもりと食べてくれた姿が印象的でした。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
遅くなりましたが報告です。


今回作ったメニューはこちら!

じゃがいももち(みたらしあん)
サラダ(ブルーベリージャムのドレッシング)
たたきキュウリとトマトときりぼしだいこんのマリネ
なすとぴーまんのスパイスカレーいため
スープ

 

さあ始めます!

 

当日集まってくれたのは1年生から3年生までの6人の子どもたち
まずは、ブルーベリードレッシング班とマリネ班にわかれます。
ブルーベリー班は、じゅんじゅん先生と作ります。
(キッチン森田の旦那をお手伝いに駆り出しました笑)


根気強くごーりごり

 

ブルーベリーは国分寺平野農園さんのもの。まず、 すり鉢でブルーベリーをつぶします。皮までなめらかになるように、根気づよく順番にごりごり… そこにオリーブオイルと、塩と胡椒と酢を入れて完成!
味見してもらうと「すっぱい!」との感想。 ちょっと大人の味だったかな。
果物をドレッシングにするという面白さや、 酢の酸によって鮮やかに色づく様子を感じてもらえたでしょうか。


 

上手に叩けた

 

マリネ班は、まずたたきキュウリ! 元気よく叩いてきゅうりが飛んでいってしまいそうになる子も、慎重すぎてなかなかキュウリが割れない子も、 皆で力をあわせてキュウリをたたきました。叩くとよく味が染みるのですが、 包丁で切るだけじゃない野菜の扱い方を知ってもらえたらと思いこ の作業を取り入れました。
ある子からの「ママがいないときに、この料理はいいね!」 との言葉に、なんで?と尋ねると、「だって火を使わなくてもできるから」とのこと。 本当にそのあとおうちで作ってくれたそうです!うれしい…。

 

 

マリネを混ぜる


さて次はなすとピーマンのカレー炒め。
まず質問してみました。
私:「カレーって何からできているか知っている?」
子:「スパイス!」
そうか、知っている子もいるんだね。
予め用意しておいたスパイス各種を手に取ってもらい、 香りをかいでもらいました。
子:「カレーの匂いだ!」
私:「そう。スパイスってね、種なんだよ。」
子:「えー!」

 

 

スパイスの香りは面白い

 

今回使用したのは、クミンシード、マスタードシード、 クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリック。
それぞれが植物の種ですが、 そのスパイス一つ一つを合わせていくとカレーになる面白さが伝わ っていたらいいなと思います。昨年同様、 ナスやピーマンをむだなく丸ごと食べるためのヘタの取り方をお伝 えして、みんなにもやってみてもらいました。

 

包丁も使ってみました

 

今回お野菜を提供してくださったのは、 国分寺で自然農にチャレンジする本多農園さん。
事前にお願いし、 ご自身が取り組まれる自然農のお話を少しだけしに来ていただきま した。
*国分寺本多農園さん訪問記2017.6.こちら

 

お野菜を頭からお尻までまるごと使うのは、 本多さんのようにお野菜を作ってくれている人への感謝の気持ちがあるから。 全部をいただくことで作る人の思いを受け取りたいなと思うから。
食べるものの先には必ず作る人と、それに対しての思いがある。

本多さんの顔を知ることで、 その実感を少しでも得てくれていたらうれしいです。

 

本多さんのお話


さてまだ続きます。最後は、じゃがいももち!
最後のメニューは、レシピを載せずに、 みんなに書いてもらいました。
子:「ねーねー、次は?」
私:「次は、 ほくほくに蒸しておいたお芋を熱いうちにみんなでつぶします。」
…みんな熱心に鉛筆を動かし、そのあと実際に作業をします。

 

 

じゃがいもから立ち上る湯気がいい香り…


好きな形にまるめよう!

 

蒸したじゃがいもに炒めた玉ねぎと、 炊いた雑穀のもちきびを混ぜ合わせます。
塩と胡椒で味をつけて完成!
みんなで〇や☆ など形を作ってフライパンでこんがり焼き上げます。

 

さあいよいよ盛り付けです!!
トマトの赤、じゃがいもの黄色、サラダの緑、ドレッシングの紫。
お皿に絵を描くように、好きに盛り付けてもらいました。
盛り付け方も個性豊か。じゃがいももちは、一人3個も(!)。

 

 

できあがり!


 

いただきます。

 

盛り付けられたらみんな揃って「いただきます。」
実際に、手を動かして野菜に触れて、その感触を、香りを、 農家さんの顔を、見た後のこどもたちのたべっぷり。 見ていてとても気持ちがよかったです。

 

最後にこんなうれしい感想たち。
「こんなにごはん(おかずの種類のこと)があるんだな」
「ピーマンのたねとりがたのしかった。おいもがおいしかった」
「ドレッシングをづくりが印象にのこった」
「マリネとカレーいためをつくるのがたのしかった。
「じゃがいももちのさんかく(のかたち) を作るのがたのしかった」
「カレーいためがいいにおいだった」
「じゃがいももちがおいしかった」

 

おいしい・たのしい・がたくさん集まりました。 私にとってそれは何よりの喜び。
たくさんの野菜を使って、自分たちの手で料理を作ったこと。
それをたくさん食べたこと。夏休みのいい思い出になったかな。
この記憶が、 今回参加してくれた子供たちの中で小さな種のように存在し、
いつかそこから芽が出るように、 ふと今日の日のことを思い出してくれたら嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。

また来年!

 

カフェスローキッチン 森田

 






ブログ内を検索

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他