HOME >> 日々雑記(新着情報)

ショップカード



ショップカード、つくりました。

エクアドル・インタグのコーヒー豆バージョンと、
葉っぱバージョン(葉っぱ、なんの葉っぱかわかりますか?)。

カフェを中心に、イベントやワークショップなど様々な活動をしているカフェスローですが、
基本情報のみ、シンプルに掲載しています。

是非、ご活用ください。
 

営業時間変更日のお知らせ



下記の通り、カフェ営業の時間が変更となります。(2016/4/7現在)
また、予告なく変更となる場合もございます。予めご了承ください。

<2016年>
【 4/29金〜5/7日のカフェ営業時間のお知らせ 】
・29金, 30土,6金 11:30〜15:30*夜はイベント開催
・1日, 3火, 4水, 5木, 7土 11:30〜19:00
*L.O.はいずれも閉店の30分前です
 
■5月
・18(水)は、11:30〜15:30/L.O.15:00となります。夜はイベント開催となります。
・20(金)は、11:30〜17:00/L.O.16:30となります。

-------------------------------------------------------
■ 営業時間
火 水 木  11:30-18:00 /ラストオーダー17:30

金 土    11:30-15:30 /ラストオーダー15:00
*15:30以降はイベント準備のため、一時閉店となります。
*貸切イベント等のため、臨時に営業時間を変更する場合があります。
その場合は、webサイト、TW、FBなどで随時お知らせします。

日 祝 イベント開催のない金&土 11:30-19:00 /ラストオーダー  18:30

定休日 月曜 *祝日の場合は営業、火曜振休




 

全国の地大豆、大募集!



\\ 全国の地大豆、大募集! 諸国漫遊味噌仕込み2016 //

【諸国漫遊味噌】は、たねの恵みと多様性のシンボルとして、全国の地大豆(在来種)を混ぜこんで作られる、世界に一つだけの味噌です。毎年の「たねと食のおいしい祭」会場で仕込まれており、昨年は貴重な地大豆を、全国から38種類カンパして頂きました。
日本には確認できるだけで300種以上の大豆が存在すると言われています。あなたの周りで受け継がれてきた品種を、【諸国漫遊味噌】に提供して頂けませんか?
 
●○●提供された大豆の使いみち●○●
 
土地の気候風土や歴史が詰まった、宝石のように美しい色とりどりの大豆。こんな風に、大切に使わせて頂きます。詳しい情報は近日オープンのウェブサイトをご覧ください。
・2月28日(日)開催の「たねと食のおいしい祭」会場にて、豆の情報やストーリーと併せて「諸国漫遊大豆ギャラリー」と題して展示します。会場内では大豆農家のミニトーク、茹で大豆の食べ比べ、昨年分の諸国漫遊味噌の試食やノベルティ頒布も。
・3月14日(月)10:00〜「諸国漫遊味噌仕込み会」
お客様に広く呼びかけてカフェスローにて仕込みをおこないます。フロマエカフェ(西日暮里)でも別日程で開催予定。
※経費を除いた収益はすべて、「たねと食のおいしい祭」運営資金としてたねを守る農家さんへの支援に活用します。味噌や大豆を使用しての営利活動は一切おこないません。
 
●○●募集要項●○●
 
以下条件を満たし、地大豆カンパしてくださる方。(2月15日(月)締切)
◇無農薬、無化学肥料、もしくは無施肥のもの。
 もしくは可能な限り安全な方法で栽培された大豆。
◇商標名でなく、地大豆であると確認できる品種。
◇栽培地を紹介して頂き、栽培方法がわかるもの。
◇意義に共鳴して頂き、大豆代を無償でお送り頂ける方。
※大変恐縮ですが、一口500gからとさせて頂けると助かります。
※2016年2月15日(月)までにご発送ください。
(送料をご負担ください)
※ご提供頂ける方には別途、大豆アンケートをお送りします。


●○●大豆のお送り先/問合せ先●○●
 
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2丁目20−10
カフェスロー内 諸国漫遊味噌担当 盒彊
電話:042-401-8505
FAX:042-401-8503
メール:cafeslow@h4.dion.ne.jp


コーヒー豆販売価格 改定のご案内



2015年12月1日より、下記の通り価格が改定となります。
何卒、宜しくお願いします。

 
品名 販売価格<税込>
ティモンコーヒー(東ティモール)200g 820円 
インタグコーヒー(エクアドル)200g 1,050円 
カルロスさんのコーヒー(ブラジル)200g 1,050円 
水出しコーヒーパック「森のしずく」30g×6袋 950円 
マイルドドリップバッグコーヒー 12g×10袋 1,200円 



[ コーヒー豆輸入元 株式会社ウィンドファームより ]

いつも一方ならぬお引立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。

誠に心苦しいお知らせではありますが、ウインドファームでは、2015年10月1日からコーヒー生豆を、11月1日からコーヒー・紅茶などのその他の商品の価格を改定いたします。コーヒー、紅茶の価格改定は、2011年以来になります。改定の大きな理由は、2つあります。一つは円安の影響で、もう一つは、昨年からの天候不順やさび病などの影響です。

初めに円安の影響ですが、現政権による円安誘導政策により、外国為替市場の円相場での円安が進行し、コーヒーや紅茶の輸入価格を大きく押し上げています。円相場でのUSドルと円の為替レートは、2011年と2012年は1ドルが79円台でした。それが、今年8月現在では120〜125円で推移しています。3〜4年前まで、1ドルの商品を輸入するのに80円ほどで買えていたのが、今は、120円以上も支払わなければ買えなくなりました。

この3年間の1.5倍以上の急激な円安によって、弊社は大きな経営的打撃を受けてきましたが、円安が元に戻ることを期待して、できるだけ値上げをせずにやっていこうと努力してきました。しかし円安は元に戻らず、コーヒーや紅茶の仕入資金は大幅に膨らみ続け、このままでは、フェアトレードの継続が困難になる状況になってしまいました。

また、天候不順やさび病なども大きな理由です。この数年、干ばつなどの天候不順が続いたこともあり、ブラジルのジャカランダ農場がある地域では、不作が続いています。ジャカランダ農場産生豆の販売中止や、レギュラーコーヒーのカルロスさんのコーヒーの値上げ幅が大きい理由は、このためです。また、農薬を使わないことにより、コーヒー樹が弱ってきているものもあり、この4年ほどは収穫量が大幅に落ち込みました。そのため、農薬と化学肥料を使う、これまでの栽培方法に戻る農家も増えている中、ジャカランダ農場は、懸命になって有機栽培を守り続けています。

上記のような理由から、販売価格を値上げせざるを得なくなり、弊社としましても、誠に心苦しいのですが、事情をご理解いただければ幸いです。

今後とも、変わらぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ウインドファーム
2015年9月
ウェブサイト



 

グランドピアノ




ご縁頂き、小さなグランドピアノが、お店に仲間入りしました。

小ぶりのかわいい たたずまい。

この空間で どんな方と出会い どんな音を奏でてくれるのか

とても楽しみです。



それに伴い お店のレイアウトも変更。

季節もめぐり、気持ちもリフレッシュ。

どうぞ お気に入りの場所をみつけてくださいね。




・・・・・

ピアノ品番 YAMAHA G3E

・・・・・



♪ 暗闇カフェ 15年目の新しいお知らせ ♪ その2 暗闇カフェRadioのこと


2001年から14年間、ほぼ毎月休むことなく、暗闇演出人として出演を続けてきたヴァイオリニスト穴澤雄介さん。

朗らかなMCにリクエストコーナーと、ラジオ番組のような楽しさの穴澤さん出演回を、本当にラジオにしてしまおう! それが「暗闇カフェRadio♪」です(そのまんまですね。)

第一回は7月17日(金)。今月のリクエストテーマは「夏の思い出」! リクエスト、ぜひぜひお寄せください!

リクエスト応募はこちらのフォームから。店頭でも受け付けています。(7月10日(金)〆切)

もちろん当日会場に来られなくてもOK! 音声配信でお楽しみください。※演奏はヴァイオリンソロのため、特性上、リクエストにお応えできない場合もあります。またリクエスト多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

【暗闇カフェRadio♪は、いつもの暗闇カフェと何が違うの?】

^徹妊フェの一部音声をUstreamで当日生放送します!(21:10〜21:30)
URLはウェブサイトやFacebook、Twitterでお知らせして参ります。
聴き逃しても安心。収録音声を翌日からダウンロード配信します!
「今月のテーマ」に沿った曲を穴澤さんにリクエストすることができます。採用されれば当日、お寄せ頂いたメッセージのご紹介とともに、世界にひとつだけの生演奏を聴くことができます。


楽しみ方は人それぞれ。ラジオ感覚で、自宅やオフィスで音声を聴きながら、電気を消してキャンドルを灯してみたり。リクエスト曲が採用されるかな?と胸をおどらせて生放送に耳を傾けてみたり。もちろん、当日会場では従来通りの一曲100円リクエストも受付。カフェスローで生演奏を味わうのが一番!という方もどうぞご安心ください。

なお暗闇カフェRadio♪ は、今回、暗闇カフェ公式ロゴ&フライヤーをデザインして頂いた南部良太さんからアイデアとご提案を頂き実現したものです!

♪暗闇カフェ 15年目の新しいお知らせ♪ その1 ロゴとフライヤーのこと



2001年にスタートした暗闇カフェ。このたび初めて、公式ロゴ&フライヤーを作成しました。デザインをお願いしたのは国分寺在住のデザイナー、南部良太さん。地域通貨ぶんじのお仲間でもあります。

制作期間中、暗闇カフェに何度も足を運ぶなかで、企画に込められた想いへの共感を育て、誠実に向き合ってくださった南部さん。いつしか、暗闇演出人やカフェスタッフと等しく「暗闇カフェという場の作り手」となって、制作に臨んでいただきました。

さらには、「暗闇の色」やその息遣いが表現された背景画。手掛けて頂いたのは、イラストレーターの高安恭ノ介さんです。結果はご覧のとおり、「フライヤーが欲しい」と私たちが考えた当初には、思いもつかなかったような素晴らしいものに仕上がりました。

フライヤーは2種類。ご覧のように毎月の最新スケジュールが掲載されたタイプ、こちらはカフェスロー店頭で配布しています。もうひとつ、さらにコンパクトなバリューカードタイプも作成中です。国分寺近隣のお店等で、置いて頂ける方がいらっしゃれば、ぜひお願いします。(近しい皆さまには、近日中にあらためてお願いに上がります!)

カフェスローウェブサイト等でも順次、公式ロゴを使用していきます。どうぞお見知り置きくださいね。



【暗闇カフェスケジュール】

■7月10日(金)
旅で出会うモノ
暗闇演出人:丸山茂樹(ギター弾き語り他) 片山智夫(キャンドル・クリエイター)
■7月17日(金)
暗闇カフェRadio♪ 7月のテーマ:夏の思い出
暗闇演出人:穴澤雄介(ヴァイオリン)
■7月24日(金)
夏の夜の生命のダンス
暗闇演出人:重松壮一郎(ピアノ)
■7月31日(金)
Africa ジンバブエ太古の音色
暗闇演出人:スミ・マズィタテグル(ムビラ) ジョン・アンダーソン(フルート)

●暗闇カフェ・よくある質問

【Q】予約した方がいいですか?
【A】回によっては満席になってしまうことがありますので、なるべくご予約をお勧めしております。お電話かメール申込みフォームで受け付けております。20:00の演奏開始後でもお入り頂けますので、お仕事帰りでもお気軽にどうぞ。

【Q】演奏を聴きながら食事はできますか?
【A】もちろんです。お酒にあうおつまみや、おいしいご飯を 各種ご用意しています。キャンドルの灯りと生演奏とともに、お昼とは違った表情のカフェスローを楽しんでください。(食事のメニューのみ20:00でラス トオーダーになります。間に合わないけど食事もしたい!というお客様は事前にご連絡ください。)

【Q】子どもを連れて行っても大丈夫?
【A】大丈夫ですよ! ベビーカーのままでも入れます。小学生以下は入場無料。音楽に興味のあるお子様には、穴澤雄介さんの100円リクエストコーナーもお勧めです! なお、オムツ替えはありますが授乳室はありませんのでご了承ください。

【Q】一人で参加しても大丈夫?
【A】はい、ご安心ください。毎回、男女年齢問わず、お一人様でのご参加も少なくありません。暗闇とキャンドルの灯りの中、いつもよりゆっくり流れる贅沢なひとときを楽しんでください。

<< | 2/8PAGES | >>




ブログ内を検索

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

カフェスローおすすめ書籍・音楽

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他